スポンサードリンク


肉・魚が食べられない子供にはDHA・EPAの栄養が大切

肉,魚,食べられない,子供,DHA,EPA,効果

 

子供は大きく成長するために、また勉強や多くのことを学ぶために栄養を必要とします。しかし、昔から野菜嫌いな子供が多くいた一方で、最近は肉・魚が食べられないべジタリアンの傾向がある子供も多くなっています。

 

これはファッション感覚で「ベジタリアン」と名乗りたいだけの場合もありますが、本当に肉・魚を食べることができない子供には、肉・魚以外の食材で栄養を補う必要があります。

 

肉・魚が食べられないことで足りなくなる栄養素には、たんぱく質の他に、アミノ酸やビタミン・鉄分等がありますが、その大切な栄養素の1つにはDHA・EPA(オメガ3脂肪酸)があります。これらは目や脳の働き、心臓の健康(高血圧症の改善等にも影響してきます。

 

DHA・EPAが身体に与える影響

  • 目・神経・脳・心臓の発達と健康
  • アレルギー抑制効果
  • 鬱病を抑制

 

特に子供の頃はDHA・EPAが目・神経・脳の発達に影響を与えることからも、代わりの栄養をしっかりと摂りましょう。


肉・魚が食べられない子供の栄養はサプリメントで補う

 

「肉・魚が食べられない子供は食事だけで栄養を摂ることは難しい」

 

肉,魚,食べられない,子供,DHA,EPA,効果

よくベジタリアンの人が食べる植物性のたんぱく質には大豆があります。そして植物性のものから摂れるオメガ脂肪酸(DHA・EPA)のALA(αリノレン酸)は、一部分がDHA・EPAに変換してくれるものの、動物性のものよりも摂取量が少なくなる傾向があります(※1)。

 

※1 参照:ベジタリアンの栄養管理法

 

つまり大豆等の植物性の食べ物を中心とした食事では、たんぱく質は摂れてもDHA・EPAは不十分になる恐れがあるということです。

 

DHA・EPAを摂りやすい植物性の食材

 

くるみ・大豆・キャノーラオイル・亜麻仁(アマニ)

 

ベジタリアンの子供は肉・魚を食べないことが問題なのではなく、十分な栄養を摂れていないことに問題があります。ただしこれはベジタリアンを否定してるわけではなく、野菜しか食べない妊婦やスポーツ選手でも、しっかりと栄養を摂ることで健康に過ごしている人はたくさんいます。

 

DHA・EPA摂取量の目安

~小学生(12歳未満)150mg

 

中学生~(18歳未満)500mg~800mg

 

植物性の食事から変換できるDHA・EPAの摂取量の個人差は、大きい場合で10%も変わることがあります。そのことからも栄養がしっかり摂れているか気になるベジタリアン傾向のある子供には、DHA・EPAの栄養をサプリメントで補うのもおすすめです。

 

幼児・小学生・受験生の各時期に特におすすめのサプリメント

 

レビュー・価格・安心から選ぶ!子供におすすめのDHAサプリ

トップへ戻る