スポンサードリンク


子供を出来る限りオーガニック食品で育てたい

子供,オーガニック,良い

 

子供にはオーガニック食品を食べさせたほうがいいの?

もちろん「YES」です。

 

オーガニック食品は安全性が高く、栄養素も豊富だからです。

子供は体重に比べて食事の摂取量が多いため、環境化学物質や残留農薬などの影響を大人より受けやすくなっています。また、成長著しい時期でもあるため、豊富な栄養素が必要です。

 

体への悪影響、豊富な栄養素…を考えると、できる限りオーガニック食品を食べさせてあげることが、子供の健やかな成長には欠かせません。

 

子供,オーガニック,良い

最近、若者の世代ではもちろん、あらゆる世代において「オーガニック食品」が注目を浴びています。

 

添加物たっぷりの食品に比べて「オーガニック食品=健康に良い」というイメージはあったとしても、実際、オーガニック食品についてよく知らないという方も多いでしょう。

 

オーガニック食品について詳しく知り、明日からの子育てに役立てていきましょう!


そもそもオーガニック食品とは?本当に身体に良いの?

 

オーガニック食品とは…「有機食品」のこと

 

子供,オーガニック,良い

有機食品とは

 

化学肥料や農薬を使用せずに、水や土地や太陽、その他様々な微生物の食物連鎖などの自然の恵みのみを活かした加工方法や、農林水産業のことを言います。

 

 

オーガニック食品のメリット

  • 遺伝子組み換え技術(*1)や環境ホルモン技術(*2)を避けている
  • 加工食品に豊富に含まれている食品添加物などをオーガニック食品は排除しているため、化学的危害のリスクを避けることができる
  • 食品の安全性を高めることができる

(*1)遺伝子組み換え技術とは…

人為的に遺伝子を操作して新しい品種・食べ物を作る技術⇒人の身体や生態系に害をもたらす恐れがある技術

 

(*2)環境ホルモン技術とは…

人体とは全く関係のないホルモンであるにも関わらず、人体に入り込んで本物のホルモンと同じように体内で作用する⇒本物のホルモンの働きの邪魔をしたり、人体に頭痛や吐き気などの悪影響を与える恐れがある

 

子供,オーガニック,良い

このようにオーガニック食品は、添加物を使ってない、農薬を使ってない、人体に悪影響が出るような人為的な技術を使ってない、食べ物自体の栄養が豊富…というような安全面のリスクがカットされています。

 

さらには栄養分も豊富に含んでいるものが多いので、間違いなく「身体に良いもの」と、言えるのではないでしょうか。

 

オーガニック食品の味について

 

美味しいという評価が多い

 

子供,オーガニック,良い

もちろんオーガニックで栽培されている野菜などは、種を蒔いたときのちょっとした条件の違いによって、1つ1つの味に少しずつ差が出ることはよくあります。

 

オーガニック食品の味の特徴は、比較的「自然に近い味」がすることです。

 

 

オーガニック食品の味が美味しい理由

 

・オーガニック食品を栽培している土壌には、より豊富な栄養がたくさん含まれている
・水の含有量が少ないため、素材本来の味が薄まることがなく、味がしっかりとしている
・その季節に合ったものが栽培されている
・人工的なものではなく、天然の糖分を豊富に含んでいる
・保存料などを過度に使用しないため、保管期間が短い
・早すぎる時期に収穫をすることなく、美味しさのピークに収穫する場合が多い

 

オーガニック食品=全く農薬を使用していないという訳ではありませんが(*3)、比較的農薬などを使用せず「出来る限り自然のままに近い状態」で収穫・販売されている場合が大半です。

 

(*3)…有機JAS法によって禁止されていない農薬は使用している場合があるため

 

オーガニック食品の規定

 

現在「オーガニック」や「有機」などといって表示することのできる農産物は、有機JAS認定を受けたもの(*4)だけです。

 

(*4)有機JAS認定を受けたものとは…

農林水産大臣に登録した第三者機関が、日本農林規格協会(JAS協会)の規定を満たしているとしたもの

 

●日本農林規格協会(JAS協会)の規定●

  • 植え付け前2年以上もしくは種蒔き時に、禁止されている化学肥料や農薬を使用しない土壌で生産したもの
  • 遺伝子組み換え由来の種や苗を使用していないもの
  • 原則として化学肥料や農薬などを使用しないで栽培したもの

 

参考:日本農林規格協会(JAS協会)

おすすめのオーガニック食品例

 

オーガニック野菜

 

オーガニック野菜

健康な田畑で育った野菜には、豊富な栄養素がたくさん含まれています。サラダはもちろん煮物や焼き物など、どのような調理方法でも美味しく食べることができます。

 

野菜は皮と実の間に豊富に栄養素が含まれているため、皮ごと食べても安心なのが何より嬉しいポイントです。また時間がない時は、オーガニック野菜を使った缶詰や冷凍食品などもあるため、上手に活用すると負担なく取り入れることができます。

 

 

有機栽培米

 

有機栽培米

毎日食べるお米は出来る限り有機栽培米を食べることをおすすめします。穀物から得る栄養が、子供の身体を作る基本となります。有機栽培米であれば栄養が豊富な玄米の状態でも、農薬の心配がいらないので、もみ殻ごと安心して食べることができます。

 

歯ごたえもあるため満腹にもなりやすく、食べ過ぎ予防にも繋げることができ、ダイエット中の保護者にもおすすめです。

 

 

オーガニックおやつ

 

オーガニックおやつ

食事で足りない栄養素を補助する役目のあるおやつ。白砂糖や油分たっぷりの市販のおやつではなく、オーガニックおやつであれば余計な添加物が入っていない上、自然の甘味が豊富で子供でも美味しく感じられるはずです。

 

見た目は市販のお菓子に比べると優しい色合いや、素朴なものが多いですが、その分身体への負担は少なく、安心して食べることができます。

 

 

オーガニック調味料

 

オーガニック調味料

醤油や塩・砂糖など日々の料理の中で欠かせない調味料にも、実は添加物が含まれているものがたくさんあります。せっかく野菜などの素材にこだわるのであれば、調味料にもぜひこだわってみてはいかがでしょうか。

 

普段スーパーなどで市販されている調味料に比べると、オーガニック調味料は少し割高なものもありますが、1度に使用する量は限られている上、オーガニック食品には素材本来の深い味わいがあるため、調味料が不要の場合もあります。

 

 

オーガニック麺類

 

オーガニック麺類

子供は麺類の食べものが大好きです。麺料理は調理も楽で食べやすいため、保護者にも喜ばれる食品の1つです。しかし、市販されている安価なパスタやうどんなどは外国産の小麦を使用している場合が多く、農薬がたくさん含まれている場合が多いのが現状です。

 

オーガニック麺であれば、子供も大人も喜びながら安心して食べることができるため、大変おすすめです。

 

 

子供の食事は、どうしても幼ければ幼いほど保護者が管理する場合が多く、保護者がどれほど食事に気を付けているかで、子供の栄養が十分に足りているかどうかが変わってきます。子供の健やかな健康を維持するためにも、出来る限りオーガニック食品を取り入れていくようにしましょう。

 

サプリメントにもオーガニックのものがある

 

近年、日々の食事だけでは十分な栄養素を摂取することができないため、サプリメントを利用しているという方が増え始めています。中でも鉄分やDHA/EPAやカルシウムが不足しがちな子供が多いため、これらが含まれているサプリメントが特に人気を呼んでいます。

 

子供の健康のために、日々の食事にはできる限り食品添加物などが含まれていない食品を扱い、十分気を付けているにも関わらず、身体のためを思ってせっかく飲んでいるサプリメントに食品添加物がたっぷり含まれていたら元も子もありません。

 

せっかくオーガニック食品を日々の生活の中に取り入れるのであれば、ぜひサプリメントもオーガニックのものを取り入れるようにしましょう。

 


\楽天リアルランキング第1位/

 

日々の食事の中で特に不足しがちなDHA/EPAはサプリメントから摂取することで、必要量を簡単に摂取することができます。オーガニックでできたサプリメントが現在インターネット上などで販売されているため、ぜひ日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

トップへ戻る