スポンサードリンク


忙しくてもサクッと実践できる【子供への栄養の摂らせ方3つのステップ】

 

子供,成長,必要不可欠,栄養素,摂らせ方

子供が健やかに健康に成長するためには、様々な栄養素が必要不可欠です。頭では「栄養バランスのとれた食事を子供に食べさせることが大切」と親なら誰もが思っているはずです。

 

しかし、毎日の子育て・家事・仕事などで忙しいと、どうしてもなかなか栄養バランスのとれた食事を子供に提供することが難しい…というのが現状です。

 

そこで、忙しくてもサクッと実践できる【子供への栄養の摂らせ方3つのステップ】をご紹介します。

 

  1. まずは「子供の成長において特にどのような栄養素が必要なのか」ということを確認

  2. 次に「普段の食事から不足しがちのものは何なのかをピックアップ」する

  3. 最後に「それらを少しでも子供が摂取しやすいようにするにはどうすれば良いか」を考える

①子供の成長にはどんな栄養素が必要か

子供の成長に【特に】必要な2つの栄養素

 

Ca(カルシウム)

子供,成長,必要不可欠,栄養素,摂らせ方

カルシウムは、身体の約2%を占めており、健康で丈夫な身体を保持するためにはなくてはならない大切なミネラル分です。

 

カルシウムが不足していると歯や骨が脆くなるだけではなく、血管の老化が進んでしまい血管の病気を引き起こしてしまう恐れがあります。

 

また、カルシウムが不足しすぎると精神状態が不安定になり、集中力が持続せず忘れ物が増えたり脳の病気を引き起こしたりする恐れもあります。

 

乳酸菌(特にクリスパタス菌KT-11株)

子供,成長,必要不可欠,栄養素,摂らせ方

乳酸菌は発酵食品(味噌、漬物など)や乳製品にたくさん含まれている成分です。種類は約300種類もあり、人間の身体の中にもたくさん存在します。

 

乳酸菌は整腸作用などがあり身体の状態を整え、日々の健康維持に大切な役割を果たしています。

 

その中でもクリスパタス菌(KT-11株)という乳酸菌は、生まれたばかりの赤ちゃんを色んな外敵(雑菌)から守るため、免疫力が必要になる出産時に、お母さんから赤ちゃんへ受け継がれる人間由来の乳酸菌です。

②普段の食事で不足しがちな栄養は?

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAはアジ・サバ・イワシなどの青魚に多く含まれている成分で、神経組織や脳の発育・健康維持に不可欠な成分です。

 

DHAは人間の体内で作り出すことのできない栄養素であるにも関わらず、人間にとって大変重要な栄養素であり、DHAを摂取することで脳内の情報伝達をスムーズに行うことができるという効果があります。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAもDHA同様、青魚などに多く含まれている人間の体内で作り出すことのできない栄養素の1つで、様々な効能を持っています。

 

その中でも特に子供にも良い効果を発揮するのが、アレルギー症状の緩和です。アトピー性皮膚炎や花粉症などの症状を和らげる効果がある栄養素です。

 

また、感染症を予防することができたり、精神を落ち着かせて安定させたりすることもできます。

 

DHA・EPAが子供に不足しがちな理由

 

以前は魚介類が中心だった日本人の食生活ですが、近年は欧米化が進んでいることもあり、魚介中心の食生活から肉中心の食生活に変化してきています。

 

その結果、どうしても日本人の食卓には魚介が並ぶことが減り、日本人全体的にDHA・EPAの摂取量が少なくなっています。

 

これは今だけのことだけではなく、これからの将来もおそらくどんどんその傾向は顕著に表れるはずです。

 

厚生労働省より1日あたりにEPAおよびDHAを1g/日以上摂取することが望まれると提唱されているため、積極的に摂取する必要があります。

 

 

1日1g以上摂取するためには「なにをどのくらい食べたら良いの?」
  • 焼いたサンマなら約1尾
  • 焼きイワシなら約2尾
  • マグロ(トロ)の刺身で2~3切れ
  • ブリの刺身で4~5切れ

 

子供,成長,必要不可欠,栄養素,摂らせ方

ほうれん草やレバーなどに多く含まれている鉄分は、人間の身体を常に流れている血液を作り出すために必要な栄養素の1つです。

 

鉄分が不足すると、貧血症状が現れてしまい、皮膚がカサカサに乾燥してしまったり、慢性的な疲労や免疫力の低下など様々な症状が現れ始めます。

 

また、小学生になると女子は生理が始めることもあるため、より一層鉄分が必要になってきます。

 

しかし、鉄分は大人だけではなく子供の中でも不足しがちな栄養素の1つであり、例えば、3~5歳では、鉄の摂取状況は推奨量が5.5mg/日にも関わらず、4.2mg/日と鉄分が不足しています。(*1)

 

(*1)厚生労働省:「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より

 

鉄分が不足しがちな理由

 

ほうれん草やレバーなどに含まれている鉄分は微量のため、普段の食事だけで1日に必要な鉄分を全て摂取するのはなかなか難しいのが現状です。

 

また、インスタント食品などに含まれる成分が鉄分の吸収を阻害するため、ソーセージやハムなどの加工食品やインスタント食品などを好みやすい子供は特に鉄分が不足しやすくなります。

③不足しがちな栄養を摂取しやすくする方法を考える

子供の成長には様々な栄養素が必要で、それらを積極的に普段から摂取するべきであるということがよくわかりました。しかし、日ごろの家庭の食事だけでは、なかなかすべての栄養素をバランスよく摂取することは難しいです。

 

そんな時におすすめしたいのが「サプリメント」です。

 

特に不足しがちな「DHA/EPA」だけではなく、他にも必要な様々な栄養素を一緒に配合したサプリメントが最近ではたくさん販売されています。

 

もちろん食事から栄養素を摂取することはとても大切なため、できる限り家の食事のメニューにも気を付けながら、足りない部分はサプリメントで補助するようにすることで、バランスの取れた栄養素をきっちりと摂取することができるようになります。

 

サプリメントのおすすめポイント

 

インターネットで気軽に購入できる

近年はインターネット上でもたくさんの種類のサプリメントが販売されているため、子育てや家事などで忙しくなかなか買い物などに出られないような方であっても、比較的簡単に購入することができます。

 

比較的安価で試すことができる

多くのメーカーが「初回限定価格」として初回注文者限定で比較的安価で各サプリメントを販売している場合が多いです。

 

メーカーによってサプリメントの内容物の配合は異なる場合があります。そのため、「わが子にはどのサプリメントが合っているのかわからない…」と悩む方も多いはずです。

 

そのため、「どのサプリメントを選んだらいいかわからない」と悩んでいるような方は、初回限定価格で販売されているものを試してみて、我が子に1番ぴったり合うサプリメントを選ぶようにすることをおすすめします。

 

各メーカーのサプリメントの工夫ポイント

 

DHAなどの栄養素を子供たちが好んでサプリメントから摂取することができるように、各メーカーが様々な工夫や努力を行っています。

 

キシリトールで糖分を補充

子供が摂取しやすいように甘さは必要だけど、甘いと虫歯のリスクが上がってしまうことを改善した工夫。

 

甘味である糖分には、希少糖の1種であるキシリトールを使用しているため、子供の歯の健康に良い影響を与えます。

 

国産野菜パウダーを配合

野菜が嫌いで普段食べないという子供にも、少しでも野菜を身近に感じて少しでも摂取してもらうことができるように、国産の緑黄色野菜のパウダーを配合しています。

 

よく子供が苦手とするかぼちゃやほうれん草、にんじんなどをパウダー状にしてサプリメントの中に閉じ込めることで、少しずつ野菜の味にも慣れていくことができるはずです。

 

ハート形などの子供が親しみやすい形状に

大人が摂取するサプリメントのような形だと、薬だと勘違いしてどうしても敬遠してしまう子供がいます。

 

そのため、ハート形などお菓子のラムネのような形状にすることで、子供でも抵抗なく親しみを持ちながら飲むことができるようになります。

 

 

幼児・小学生・受験生の各時期に特におすすめのサプリメント

 

レビュー・価格・安心から選ぶ!子供におすすめのDHAサプリ

トップへ戻る