スポンサードリンク


子供の筋肉がつく食べ物・習慣ってあるの?

子供,筋肉がつく,食べ物,習慣

子供の筋肉にはタンパク質を含む食べ物・飲み物が重要

 

「子供にとってタンパク質は筋肉の構成で一番大切な栄養」

 

子供の筋肉にはバランスの良い食事が必要です。その中でも筋肉を作る栄養素には「肉・魚・卵・豆・乳製品」等のタンパク質があります。そしてタンパク質を積極的に摂取することは筋肉の修復にも効果があり、より筋肉をつけやすくなります。

 

タンパク質が多く含まれている食品

    子供,筋肉がつく,食べ物,習慣

  • 乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)
  • 大豆製品(豆腐・納豆・豆乳)
  • (牛・豚・鳥)

 

しかし質の良い筋肉はタンパク質だけでは成り立ちません。ご飯やパンといった炭水化物は、体を動かすエネルギー源になります。そして炭水化物や糖分も、練習や試合後の疲れた体を回復させて、より筋肉を使いやすい体にしてくれます。

 

そのことからも子供の筋肉をつけるにはタンパク質をしっかり摂ることと、主食・主菜・副菜・乳製品・果物の栄養をバランス良く摂ることが大切と言えます。

 

参考先 エンパワーヘルスケア株式会社

 


筋肉を効果的につけるビタミンCとクエン酸の効果

 

ビタミンCとクエン酸は「筋肉の回復力を上げる」

 

子供の筋肉にはタンパク質で筋肉のもとになる栄養を摂ったら、ビタミンCの摂取がコラーゲンを作り、そのコラーゲンが筋肉を包む網膜になります。

 

ビタミンCが多く含まれている食品

子供,筋肉がつく,食べ物,習慣

  • 野菜(キャベツ・パプリカ・パセリ)
  • 柑橘類(レモン・キウイ)

※ビタミンCは熱を加えると栄養が失われることから、サラダ等でそのまま食べることをおすすめします。

 

そして筋肉を使った後にはクエン酸が含まれている食べ物・飲み物で、筋肉痛の時に出る乳酸を分解し、効果的に回復させる必要があります。

 

クエン酸が多く含まれている食品

子供,筋肉がつく,食べ物,習慣

  • 黒酢
  • 果物(イチゴ・グレープフルーツ)
  • 梅干し

 

これらの栄養素を積極的に摂ることで、さらに効率よく筋肉を作ることができると言われています。筋肉質な体型になるためには、「行動として筋トレ」は必要ですが、「正しい知識」を持ち合わせておくことも重要ということですね。

 

子供の筋肉をつくる栄養はスポーツによっても変わる

 

「子供のスポーツに合った」食べ物・飲み物で筋肉をつける

 

筋肉のつけ方はスポーツの種類によっても異なることがあります。例えばサッカー・野球・バスケットボール・バレーボール・陸上・柔道等は瞬発力と持久力が求められます。

 

例)サッカーに必要な栄養素

    子供,筋肉がつく,食べ物,習慣

  • タンパク質 筋肉をつくる
  • ビタミンC 筋肉をしなやかにする
  • マグネシウム 神経の伝達を良くする

 

タンパク質は炭水化物と一緒に摂ることで、より筋肉に良い効果があります。また、持久力を上げるには炭水化物の他にもビタミンB1・鉄分が必要です。

 

参考先 株式会社イースリー

 

サッカーに必要な栄養を撮るための食事メニュー例

  • ご飯
  • 納豆
  • 味噌汁(油揚げ・小松菜)
  • 豚の生姜焼き
  • サラダ
  • がんもどきが入った煮物
  • 牛乳

 

参考先 ヘルスケア大学

 

子供,筋肉がつく,食べ物,習慣

スポーツをする子供の筋肉作りには特に「食事のバランス」が大切になります。

 

朝・昼・夜の食事メニューと、おやつの時間におにぎり・バナナ・牛乳等を摂らせてあげて、「筋肉の元」と「筋肉の回復力」を高めさせるようにし、自然な筋肉作りを応援してあげましょう。

 

この辺は子供の努力だけでは出来ないことなので、親がサポートするべき所ですね。

 

トップへ戻る