スポンサードリンク


子供の成長に必要なモノ「主要4選」

子供,成長,必要なモノ,必需品,費用

 

子供が大きく成長していく過程には、様々な必要なモノがあります。大人の生活には必要不可欠だと思えるようなモノでも、子供の生活には必要不可欠なモノはたくさんあり、大人は子供の成長を見守る中でそれらを用意する必要があります。

 

しかし、だからといって何でもかんでも必要だからと言って全てを買い揃える必要はありません。何でもかんでも揃えていては、経済的にも大きな負担になってしまいます。

 

そのため、子供の成長に必要なモノとは一体どのようなモノなのかを順に整理をし、「本当に必要なモノ」「そうでないモノ」を見極め、用意するようにしましょう。

 

衣料品

 

子供の成長は大変著しく、個人差は大きくあるモノの日に日にぐんぐんと成長していきます。そのため、それに伴いまず必要なのが、衣料品です。サイズも成長に伴って大きく変化していくため、こまめに新しいモノを購入する必要があります。

 

特に、成長が大幅に著しい乳幼児期は同じサイズの衣料品をたくさん購入していても同じモノを同じ季節に来年もう一度身に付けるということが難しくなってしまいます。

 

そのため、洗い替えに必要な枚数分のみの購入に押さえておき、サイズアウトしたらすぐに大きいサイズのモノを購入するようにすることをおすすめします。

 

主に必要な子供用衣料品の種類

・Tシャツ
・ズボン
・スカート
・ワンピース
・アウター
・靴下

・下着
・帽子
・てぶくろやマフラーなどの防寒グッズ
・靴
・サンダル
・長靴やレインコートなどの雨天グッズ

 

なお、大人と同様子供にも各シーンやシチュエーションに合わせた衣料品が必要です。子供自身でシチュエーションに合わせて衣料品を選ぶことはなかなか難しいため、大人が責任を持って選んで身に付けるように声をかけましょう。

 

シチュエーション例

 

・冠婚葬祭などのフォーマル用
・保育園や小学校で使用する用
・休日のおでかけ用
・自宅で過ごす用 など

 

生活用品

 

衣料品の次に子供ならではの必要なモノは、生活用品があります。子供は大人と共に生活をするため、基本的には同じ生活用品で事足りる場合が多いですが、まだまだ成長途中の子供にとっては、大人と同じモノでは刺激が強すぎたり大きさが合っていなかったりなど不具合が生じる場合があります。

 

そのため、子供の成長に合わせた生活用品を大人は必要に応じて用意をする必要があります。

 

主に必要な子供用生活用品の種

・おむつ
・おしり拭き
・洗濯洗剤
・机
・椅子
・布団

・ボディソ-プやシャンプーなど
・チャイルドシート
・ベビーカー
・虫よけスプレー
・日焼け止めクリーム

 

食品

 

子供の成長において欠かせないのが子供用の食品類です。離乳食時期を完了すると、一般的には多くの種類の食品が大人と同じよう食べたり飲んだりできるようになります。

 

しかし、まだまだ成長発達の子供にとって、食品によっては有害なモノやアレルギー反応を引き起こす恐れがあるモノなどもあります。

 

そのため、子供の成長に合わせた食品を大人は選び安全な食事を提供する必要があります。過度に心配しすぎる必要はありませんが、大人が責任を持って子供用の食品を選ぶようにしましょう。

 

主に必要な子供用食品の種類

・ミルク
・離乳食
・赤ちゃん用ボーロなどのお菓子
・子供用せんべい

・パック入り果汁ジュース
・子供用イオン飲料
・子供用ふりかけ

 

玩具(おもちゃ)

 

最後は、子供用玩具です。子供は遊んで1日を過ごすということが大きな仕事です。そのため、子供の成長段階において子供用の玩具は必要不可欠なモノです。

 

子供の成長発達においてできることはどんどん変わり、興味や関心も日々移り変わっていきます。そのため、その成長発達に合わせて、必要な玩具の種類も変わっていきます。

 

また、もちろん子供一人一人で抱いている興味関心も大きく異なるため、子供一人一人に合った玩具を選ぶことも大切です。

 

「子供が今どのようなことに興味や関心があるのか」
「どのようなことができるようになったのか」
「どのようなことを楽しいと感じているのか」

 

などを大人がじっくりと見極めて、今目の前にいる子供に合った玩具はどのようなモノなのかを判断し、その時々に合った玩具を用意するようにしましょう。

 

主に必要な子供用の玩具の種類

・ラトル(ガラガラ)
・起き上がり人形
・手押し車
・積み木
・ブロック
・人形やぬいぐるみ
・ままごとセット
・ボール
・車やモノレール

・フィギュア
・フラフープ
・おえかきセット
・なわとび
・けんだま
・一輪車
・自転車
・竹馬

 

玩具は、実に多くの種類があります。中には大人顔負けの「お化粧セット」「や「スマートフォン型ゲーム機」など、現代ならではのモノも販売されています。

 

物によっては大変高額なモノもあるため、本当に子供の成長において必要なモノなのかどうかを大人が見極め、購入をするようにしましょう。


子供の年齢別必需品

子供,成長,必要なモノ,必需品,費用

新生児期

 

新生児期は生まれて間もないため、身体の動きも少なくほぼ1日中ずっとベットや布団の上で寝たまま過ごします。

 

そのため、快適にベットや布団で過ごすことができるように大人は工夫する必要があります。1日の大半を寝て過ごす時期だからこそ必要なモノを揃えて、少しでも子供が快適に1日を過ごすことができるようにしましょう。

 

新生児期に必要なモノ
  • 空気清浄機
  • エアコン

新生児期はまだ自分で体温調整ができず、免疫などにも大変弱い時期です。そのため、空気清浄機で室内を清潔に保ちつつ、適切な室温をエアコンなどでキープする必要があります。

  • ベビー布団
  • ベビーベット

まだ自分で寝返りなどもできない時期のため、固めのベビー専用の敷布団を用意し、布団での窒息事故などを防ぐ必要があります。また、兄弟やペットやほこりなどから新生児を守るために、少し高さのあるベビーベットで赤ちゃんを寝かせることをおすすめします。ベビーベットがあるとおむつ替えなどでも大変便利です。

  • 新生児用おむつ
  • 低刺激おしり拭き

新生児の頃は1日に何回もおむつを交換する必要があります。そのため、新生児用サイズのおむつがたくさん必要です。ただし、生後1~2ヶ月もすれば身体が大きく成長し、中には新生児用サイズのおむつが入らなくなる場合もあるため、まずは1パックだけ購入し足りなければ購入するようにしましょう。

 

また、この頃は特に肌が敏感な時期のため、おむつかぶれなどを起こさないように低刺激のおしり拭きを用意することをおすすめします。

 

乳児期

 

乳児期になると、できることが増え少しずつ活動範囲も広がります。それに伴い、必要なモノも増えたり変わってきたりします。

 

子供の成長に合わせた必要なモノを大人は用意し、子供がすくすく成長発達できるように見守るようにしましょう。

 

乳児期に必要なモノ
  • ベビー食器
  • マグ

母乳やミルクなどを終えて少しずつ離乳食や普通食を食べ始める時期です。そのため、スムーズに子供が食事を楽しむことができるようにベビー用食器などを用意するようにしましょう。

 

大人と同じ食器で代用しても構いませんが、大人の食器は子供にとっては扱いにくかったり誤って破損させてしまったりする場合があります。

 

ベビー用のスプーンやフォークや食器などは子供の口や手のサイズに合わせて設計されているため、大人が介助をしやすいだけではなく子供自身でも持ちやすいデザインになっています。

 

そのため、乳児期になって食事を摂るようになったら、ベビー用食器を用意して、食事の楽しさを伝えるようにしましょう。

  • 指詰め防止シート
  • 角保護ガード

成長と共にできることがどんどん増え、様々なことに興味や関心を抱き始める時期です。そのため、大人が見ていない時に一人ではいはいをして隣の部屋に行ったり扉や引き出しを自分で開けたりすることができるようになります。

 

その際に起きやすい事故が、引き出しに指を詰める事故や机の角で頭などを強打してしまう事故です。

 

このような事故を少しでも防ぐために、大人は事前に指詰めシートや角保護ガードなどで危険な箇所をあらかじめ隠すようにする必要があります。

  • 靴下

これまで寝て過ごしていた子供が、一人で立って歩けるようになっていきます。それに伴い、靴や靴下が必要になります。

 

子供の足のサイズと成長に合った靴を履かないと、子供の健やかな足の成長を妨げてしまう恐れがあります。そのため、靴の専門家に一度サイズを測定してもらい、子供の足に合った靴を選ぶようにしましょう。

 

幼児期

 

幼児期になると、子供同士の交流も増え遊びの幅や生活の内容も大きく変化します。好奇心などがますます発達するこの時期だからこそ、よりその好奇心が発達するように大人は必要なモノを用意し、子供の成長発達を見守るようにしましょう。

 

幼児期に必要なモノ
  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止めクリーム

遊びに夢中になり、ついつい虫刺されに遭ったり日焼けをしてしまったりする場合があります。虫刺されも日焼けも悪化すると、子供の皮膚にとって悪影響を与える場合があるため、大人が責任を持って夏場公園などに外出する際は、虫よけスプレーと日焼け止めクリームを持参し、こまめに塗り直すようにしましょう。

  • 着替え
  • 水筒

乳児期以上に幼児期になると活発に活動するようになるため、真夏でなくてもこの頃の子供はすぐに大量の汗をかきます。そのため、こまめな水分補給とこまめな着替えをする必要があります。

 

しかし、まだ自分で水分補給や着替えのタイミングがわからない場合が多いため、大人が子供の様子を見ながら必要に応じて声をかけて着替えや水分補給を促すようにしましょう。

  • 図鑑
  • 絵本

少しずつ文字などにも関心を抱き始める時期です。小学校に入学すれば文字は学ぶことができるため、無理に事前に勉強する必要は特にありません。しかし、少しでも文字に興味がある場合は積極的に一緒に絵本などを読むことをおすすめします。

 

また、虫や恐竜など子供が興味を持っていることについて書かれている図鑑を用意しておくと、子供自身で調べて学習する習慣が身についていきます。

 

学童期

 

学童期になると、比較的大人とは離れて子供たちだけで生活をする時間がぐんと増えます。そのため、子供も大人も安心して生活できるように、必要なモノを揃えて子供の成長発達を見守るようにしましょう。

 

学童期に必要なモノ
  • 腕時計

小学生になると、放課後子供同士で公園などに行って遊ぶということが増えます。その際、公園に必ずしも時計があるとは限らないため、高価なモノでなくても構わないので子供でも見やすい腕時計を用意しましょう。

 

「長い針がここに来たら帰っておいで」「○時○分なったらお片付けを始めて、△時△分には家につくように帰っておいでね」などと、年齢によって声のかけ方を工夫し、暗くならない時間までに家に帰って来れるように約束をしましょう。

  • 防犯ブザー

近年、物騒なニュースや事件が多く、いつどこでどのような危険があるかわかりません。そのため、ランドセルやかばんなどに常に防犯ブザーを付けておき、何か危険なことがあった場合はすぐに鳴らせるように用意しておきましょう。

 

ただし、使い方を知らないままだといざというときに何の役にも立たないため、事前に使い方を一緒に確認し、万が一のときには迷わず使うことができるように大人が丁寧に事前に説明をしておいてください。


子供の成長に必要なモノを揃える際のポイント

子供,成長,必要なモノ,必需品,費用

購入するのに必要な費用の目安

 

子供の成長において必要なモノは実にたくさんあります。細かいモノから大型のモノまで実に様々です。どのようなモノであっても商品によって価格は大きく異なり、購入場所や時期によっても大きく変動します。そのため、あくまでもここで紹介している費用は目安であって、参考程度に考えるようにして下さい。

 

<衣料品編>
・洋服(Tシャツ・ズボン・ワンピースなど)…1,000円~10,000円程度
・小物(靴・マフラー・リュックサックなど)…1,500円~7,000円程度

 

<食品編>
・ミルク…2,000円~5,000円程度
・離乳食フード…300円~1,500円程度
・子供用おやつ…300円~500円

 

<生活用品編>
・ベビー布団セット…7,000円~15,000円程度
・ベビー食器セット…3,000円~10,000円程度
・虫よけスプレーや日焼け止めクリーム…400円~1,200円程度

 

<玩具編>
・ラトル…500円~1,000円程度
・つみきセット…3,000円~10,000円程度
・図鑑…1,000円~1,500円程度

 

必要なモノリストの作成

 

子供の成長において必要なモノを購入しようと感じた時は、まずは「必要なモノリスト」を作成することをおすすめします。

 

漠然と「乳児期に必要なモノを買おう」とお店に意気込んで行っても、何から購入すれば良いのか分からなくなってしまうはずです。

 

そのため、事前に必要なモノリストを作成し、どこで何を買うのかを確認することで、「何が今必要なのか」「どうして必要なのか」ということを整理し、本当に必要なモノは何なのかを明白にしてから買い物を進めることができ、無駄な買い物を減らすことができます。

 

子供の成長において必要なモノは実にたくさんあります。だからこそ、しっかりと計画を立てて賢く購入するようにしましょう。

 

必要なモノリストの作成のポイント

  1. 本当に必要なモノかどうか?
  2. 購入先はどこがベストか?
  3. 最低、個数はいくつ必要か?
  4. 大人用で代用できるモノはないか?
  5. 好みのデザインやメーカーは絞っているか?
  6. 次の買い替えの時期はいつ頃が目安か?

 

購入する場所・タイミング

 

子供の成長に必要なモノを購入できる場所は、実にたくさんあります。その時々で必要なモノや生活スタイルは変わってくるので、その時々に応じて購入する場所を変えて、無駄なくお得に購入するようにしましょう。

 

子供の成長に必要なモノを購入する場所例とメリット・デメリット

 

インターネット

通信販売

○→自宅にいながら欲しいモノを購入できるため、外出が難しいときにはおすすめ
○→自宅まで配送してくれるため、重たい荷物などもまとめて購入することができる

×→試着をしたり実物を見たりできない
×→気に入らなかった場合の返品作業が面倒

 

アウトレットショップ

○→シーズンオフのモノをお得な価格で購入することができる

×→郊外にあることが多く、車などがないと行くことが難しい場合が多い

 

ショッピングモール

スーパー

○→多くの種類の中から自分好みのモノを選択して購入することができる
○→一度に衣料品・食品・生活用品・玩具など必要なモノを全て揃えて購入することができる

×→休日などは大勢の客の中で買い物をする必要がある

 

ドラッグストア

○→徒歩や自転車で行くことができる場合が多く、比較的日常的に特売商品が陳列されている

×→食品・生活用品は販売されているが、衣料品や玩具などは販売されていない

 

ベビー用品店

○→ベビー用品の専門員が接客をしてくれるため、安心して必要なモノを購入できる
○→多くの種類の中から自分好みのモノを選んで購入することができる

×→店舗数が少ないため、自宅近くにない場合は行くことがなかなかできない

 

リサイクルショップ

フリーマーケット

○→使用期間が短いモノをお得に格安で購入することができる

×→あくまでも中古品の場合が多い

 

また、購入するタイミングは、あらかじめ必要だと分かっているモノは事前に購入しておけば、いざ必要だと感じた時に慌てて購入しに行かなくて済みます。そのため、新生児期に必要なモノなどは出産前に用意しておくと良いでしょう。

 

一方で、その時期になってみないとサイズや必要個数がわからないという場合もあります。そのため、そのような場合は、ある程度必要なモノだけを最低限量だけ用意し、その後必要に応じて買い足すようにすることをおすすめします。

 

そうすることで無駄になるモノもなく、必要なモノを必要なだけ購入することができるはずです。


トップへ戻る