スポンサードリンク


子供の成長に合わせた洋服選び

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

 

子供の成長によって、着用する洋服は大きく変わっていきます。もちろん大人のようにそれぞれ個人の好みによっても違いますが、子供服の場合は洋服のデザインだけではなく洋服のタイプなどがそれぞれの成長発達によって違っています。

 

その時その時の子供の成長に合った洋服を選んで、快適に日々生活ができるようにしましょう。


成長期(年齢)別 おすすめの子供服

新生児期(0ヶ月~3か月頃)

 

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

新生児期は、短肌着・長肌着・コンビ肌着(※1)などの肌着の上からロンパースやカバーオールなどの組み合わせで洋服を着用します。

 

新生児期の頃は比較的動きも少なく、おむつ替えが頻繁にあるため、身体全体を包むようなデザインの洋服が一般的です。

 

(※1)
短肌着とは
大体赤ちゃんのお腹辺りまでの長さの肌着で、季節によっては長肌着やコンビ肌着と合わせて着用する

 

長肌着とは
短肌着よりも丈が長く足元までの長さがある肌着で、短肌着の上に重ねて着用する。長肌着かコンビ肌着を着用するようにする。

 

コンビ肌着とは
長肌着のように足元まで長さがあり、股下をスナップで留めて足元を左右に分けることができる肌着。足が良く動く2ヶ月頃から着用する場合が多い。長肌着かコンビ肌着を着用するようにする。

 

この時期におすすめの子供服

 

前にボタンやスナップなどがついている前開きのタイプのもの

1日の大半を寝て過ごすもののおむつ替えが頻繁なため、少しでもおむつ替えがしやすいように

 

吸水性や通気性の良い綿100%の素材のものやオーガニック素材のもの

手足などを動かしたりお昼寝でたっぷり汗をかいたりするものの、まだ自分でうまく体温調整ができないため

 

乳児期(3ヶ月~1.5歳頃)

 

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

乳児期になると活動が少しずつ活発になっていき、首が座ったりおすわりができるようになったり、少しずつ歩行ができるようになってきたりします。

 

そのため、着用する洋服も少しずつ変化していきます。新生児期から引き続き上下が繋がったカバーオールのものを着たり、少しずつ上下が分かれているセパレートタイプの洋服を着たりするようになります。

 

首がしっかりとすわるようになれば、頭からかぶせて着せるタイプの洋服を着ても構いません。肌着も新生児期のときのように複数枚重ねて着るのではなく、気候や体調などにも寄りますが体温調整も徐々にできるようになってくるので洋服の下に1枚着るようになってきます。

 

この時期におすすめの子供服

 

股の下にボタンやスナップがついているもの

まだまだおむつ替えが必要な時期のため、少しでもおむつ替えがスムーズにできるようにするため

 

洋服はセパレートタイプを着ても、場合によっては肌着は上下が繋がったコンビ肌着を着用する

ハイハイやおすわりなど、活動が活発になると洋服がめくれてきたりして、お腹などを冷やす恐れがあるため

 

帽子やスタイを身に付ける

外出する機会が増えたり、よだれの量が増加したりするため

 

乳幼児期(1.5歳~5歳頃)

 

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

乳児期とは違って、自分の足で活発に歩いたり走ったりできるようになります。そのため歩行の妨げにならないよう、上下が分かれたセパレートタイプの洋服を着用するようにしましょう。

 

成長と共に、自分で衣服の着脱をしようとする姿も見られる時期です。子供自身で少しでも着替えがしやすいような洋服を選ぶことをおすすめします。

 

この時期におすすめの子供服

 

肌着もセパレートタイプのものを着用する

おむつを履いていてもこの頃にはテープ式ではなくパンツ式のものになるため、立ったままでも着替えがスムーズにしやすいようにするため

 

出来る限り柔らかい素材のもの

デニムなど固い素材のものだと、どうしても着脱がしにくく子供の着替えへのやる気を損ねてしまう恐れがあるため。少しでも楽に着替えができるようにするため

 

吸収性・速乾性のあるもの

身体を思いきり使って活動し、汗を大変かきやすい時期なため

 

速乾性のあるものを複数枚用意する

1日の中で何回も着替える可能性があるため

 

タグがあるもの

保育園などに通っている場合は洋服や下着にも名前を書く必要があるため

 

ボタンなどはできるだけ大きいもの

あまりに小さいボタンは自分で留めることが難しいため

 

学童期(6歳頃~)

 

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

この頃になると、自分で着替えをするだけではなく自分で着る服を選ぶようになります。

 

学校に着ていく服を子供が自分で選びやすいように、洗濯後はタンスに整理して取り出しやすいように収納するようにしましょう。

 

この時期におすすめの子供服

 

シーンに合わせた洋服を用意する

様々なシチュエーションに合わせた洋服を着る習慣を身につけることができるように、学校などの普段着用・おでかけ用・フォーマル用など、シーンに合わせた洋服を用意する

 

ポケットのあるもの

小学校に就学するとハンカチを1人1枚持ち歩くため、ハンカチを収納するため

 

吸収性・速乾性のあるもの

小学校に就学すると日中はよっぽどのことがない限り着替えなどをしないため、たっぷりとかいた汗をすぐに吸収し速乾させることができるように

 

過度に短いスカートや肌の露出が多すぎないもの

肌の大幅な露出は日焼けや怪我などをしやすくなるため

 

派手な装飾品などがない、動きやすいもの

休み時間など活発に遊ぶことができるよう、活動の妨げにならないようにするため

 

子供の成長に合った洋服を選ぶポイント

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

 

洋服を購入する場所

 

子供服は、現在多くの場所でたくさんの種類の中から選んで購入することができます。子供の成長に合った洋服を購入するために、メリット・デメリットを踏まえた上で慎重に店選びをして、とっておきの子供服を選択するようにしましょう。

 

デパート・百貨店

メリット

 

・様々なブランドの中からお気に入りのものを選びやすい
・子供服に関する知識がある人が接客をしてくれるため、サイズやデザインなどであまり悩まずに購入することができる
・大人とおそろいのものや兄弟でおそろいのものなどを購入しやすい
・オシャレにラッピングをしてくれるため、プレゼントや贈り物にもふさわしい

デメリット

 

・比較的値段が高価なものが多い
・動きやすさというよりかはどちらかというとオシャレ重視のデザインのものが多い

 

総合ショッピングモール

メリット

 

・購入しやすい価格層のブランドの洋服が多く売っているため、デパートなどに比べると比較的購入しやすい
・ポイントカードの制度などがあり、購入すればするほどお得になる場合がある
・オシャレなものから普段着まで、様々なシーンで活躍する洋服が多く取り揃えてある
・セールなどの時期には、割引価格で購入することができる

デメリット

 

・休日などは来客者が多く、混雑しやすい
・知り合いや友達と同じデザインのものを購入してしまう場合がある

 

スーパー

メリット

 

・999円や777円など、格安で購入することができる
・キャラクターデザインのものなどが多く販売されている
・洋服だけではなく下着やパジャマなども一緒に購入することができる

デメリット

 

・中にはデザインがあまりおしゃれではないものがある
・価格が安いため、物によってはすぐに色あせたり首周りがヨレてきたりする場合がある

 

通信販売

メリット

 

・アウトレット製品など店頭にないものが格安で販売されている場合がある
・外出をしなくても自宅にいながら洋服を選んで購入し、手に入れることができる
・会員セールやポイントなどを使用して、通常価格よりもお得に購入できる場合がある

デメリット

 

・実際に試着をすることができないため、サイズや素材の確認をすることができない
・万が一思っていたのと違った場合、返品をするのに配送料や手数料が余分にかかる場合がある

 

リサイクルショップ

メリット

 

・有名ブランドのものが格安で購入することができる場合がある
・1シーズンしか着る予定がないものを、費用を大幅に押さえて購入することができる

デメリット

 

・洗濯済みであってもあくまでも中古品のため、汚れや傷などがある場合がある
・返品交換を承っていない場合が多い

 

洋服を購入するタイミング

 

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

子供の洋服のサイズは、日に日に変化しあっという間にサイズアウトしていきます。そのため、親は「どうせ大きくなるんだから」と言って大きめの洋服を買いがちです。

 

しかし、サイズの合っていない洋服は見た目が不格好なだけではなく、ズボンを擦って転倒事故を招いたり、袖が食事中や手洗い時に邪魔になったりと、子供にとっては不便でしかありません。

 

また、子供の成長は数ヶ月毎に大きくなっていくため、「来年も着れるように」と大きめのサイズを購入したからと言って、必ずしもまた来年同じサイズのものを着用できるとは限りません。

 

そのため、子供服を選ぶ際はできるだけ、その時その時に合ったジャストサイズの洋服を選ぶようしてください。「少し袖が短くなったかな」「ズボンの丈が短くなったかな」と感じたら買い替え時です。

 

また、大人の服と同様、子供服も季節によってデザインはもちろん素材なども変わってきます。季節と成長に合った洋服を選ぶようにしましょう。

 

子供の成長に合った洋服をかかるのに必要な費用目安

 

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

子供服は実に多くの種類があります。多くのメーカーやブランドから様々なタイプの洋服が現在販売されています。

 

そのため、子供服にかかる費用はもちろんピンからキリまでありますが、大体の目安が以下です。目安を参考にしながら、子供の成長発達に合った洋服を選んで購入するようにしましょう。

 

新生児期

・肌着類…1,000円~3,000円
・カバーオール…1,000円~5,000円

 

<必要に応じて>
・靴下…500円~1,000円
・ミトン…500円~1,000円

乳児期

・肌着類…700円~2,000円
・カバーオール…1,000円~5,000円
・Tシャツ…1,000円~3,000円
・ズボン…1,000円~5,000円
・靴下…300円~1,000円

 

<必要に応じて>
・スタイ…1,000円~2,500円
・帽子…1,000円~3,000円

幼児期・学童期

・肌着類…700円~2,000円
・Tシャツ…1,000円~3,000円
・ズボン…1,000円~5,000円
・スカート…1,000円~5,000円
・靴下…300円~1,000円

 

<必要に応じて>
・帽子…1,000円~3,000円
・タイツ…500円~1,000円
・サスペンダー…1,000円~2,000円
・ベルト…1,000円~2,000円


流行りの子供服について

子供,成長,おすすめ,洋服,種類,素材

 

子供の成長に合っているおすすめの洋服

 

子供服にも流行というものがあり、大人顔負けのオシャレな子供服が最近では実に多く販売されています。

 

子供の成長に合っていれば、どのような洋服を着ても構いません。流行の子供服を着て、親子でおしゃれを楽しむのも良いのではないでしょうか。

 

スウェット素材のパンツ

 

大人同様、近年スウェット素材のアイテムが多く販売されています。スウェット素材のものは、伸縮性があり吸収性があるものが多く、活発に動き回る子供には大変おすすめの素材です。

 

比較的頑丈にできているため、活発に木登りや公園などで遊んでも破れたり傷になったりもしません。その上、じゃぶじゃぶと洗濯機で豪快に洗うことができるため、子供にはぴったりのアイテムです。

麦わら帽子や中折れハット

 

キャップやハットだけではなく、わら素材でできた麦わら帽子や中折れハットが子供服の中でも流行中です。

 

どちらも日よけ効果がある上、通気性が抜群のためキャップやハットをかぶった時のような頭の蒸れを軽減することができます。

 

コーディネートのアクセントになるのはもちろんのこと、子供用のものは脱げにくくするためにゴム付きのものが多く販売されているため、日差しの強い暑い夏などには特におすすめです。

 

あまりおすすめできない洋服

 

一方、流行はしているもののあまり子供の成長発達には合っていないような子供服も販売されています。見た目はオシャレでもどうしても子供の活動を妨げてしまったり、予期せぬ事故を引き起こしてしまったりする恐れがあるものも中にはあります。

 

あくまでも大人はオシャレを楽しみながらも、責任を持って子供が安全に快適に過ごすことができるものを選ぶことをおすすめします。

 

サテン生地など吸収性の悪い素材のもの

 

デザイン性は高いものの、すぐにしわになるだけではなく汗をかくと身体に貼りつきやすく、すぐに汗をかく子供にとっては不快でしかありません。

 

また、伸縮性も全くないため、活動中に少し無理をしただけで破れてしまったり動きを制限されてしまったりします。そのため、子供服にはあまりおすすめできない素材です。

サロペットなどのオールインワンアイテム

 

大人同様、流行中で見た目は確かにとてもオシャレですが、何よりも衣服の着脱がしにくいのが大きな難点です。着脱しにくいためトイレに行きにくく、中にはトイレをぎりぎりまで我慢してしまう子供がいることもあるくらいです。

 

また、気温や体調によって衣服調整もしにくいため、長時間の外出などには特におすすめできません。

 

最近では、ぱっと見はオールインワンに見えるけれど実は上下に分かれているといったデザインのものも多く販売されています。そのため、どうしてもオールインワンの洋服を着たいということであれば、そのようなデザインのものを選ぶのも良いでしょう。

長い紐が付いたフード付きトレーナー

 

首元に長い紐がついたアイテムは、首を誤って絞めてしまったり目に紐の先を誤って突き刺してしまったりする危険性があります。また、大きなフードは、後方にいる友達などが誤って引っ張って転倒をしたり首を絞めてしまったりする危険性があります。

 

さらに、公園などで紐やフードを自分で知らず知らずの内に遊具などに引っ掛けて思わぬ事故を引き起こす恐れもあります。

 

そのため、そのような洋服を着る際は、着る月齢と着ていく場所をよく考えてから着用するようにしましょう。


トップへ戻る