スポンサードリンク


子供の成長にDHA・EPAは本当に効果あるの?

DHA・EPAが子供の成長に必要な理由と1日の必要量

「子供には健やかにできるだけ健康に成長して欲しい」と願うのが多くの親の思いです。子供の健やかな成長のためには、様々な栄養素が必要なことはある程度想定できます。

 

しかし、どのような栄養素がどうして必要なのかということを理解している方は少ないのではないでしょうか。その中でも特に最近よく耳にするけど、いまいちどうして必要なのかがわかりにくいとされている「DHAやEPA」にスポットを当ててここではご紹介をしていきます。

 

子供の健やかな成長を願うのであれば、まずは「DHAやEPAがどうして必要なのか」ということを理解することが必要不可欠です。

 

DHAやEPAが子供に与える効果・影響

DHAやEPAは、人間にとってかなり大きな効果を発揮する栄養素です。この効果は大人にも有効ですが、特に、成長・発達が著しい子供の時期にこそ重要な役割を担っています。

 

判断力・集中力・記憶力といった脳機能の向上・脳力アップ!

考えたり記憶したり、覚えたことを思い出したりするためにはDHA/EPAは必要不可欠です。DHAには、脳の情報伝達機能をサポートする働きがあり、特にDHAは脳の神経細胞の細胞膜を柔らかくする働きがあるため、子供の脳内の情報伝達を調整しながらスムーズに行うことができます。

 

「魚の油は脳によく効く」と言います。魚の油に豊富に含まれているDHAは、子供の脳の発達や働きを向上させるのに大きな影響を与えます。

 

*諸説1

 

頭の回転が早い人と遅い人との差は、脳の中にある情報伝達の役割を果たしているシナプス(神経細胞)の量に違いがあるとされています。

*諸説2

 

外国の研究者の中で、日本人の子供の知能指数が欧米諸国と比べて高いのは、DHAを豊富に含んでいる青魚をよく食べているからだとされています。

 

視覚機能の向上に期待できる

DHAは視神経や目の網膜の働きを活発にすることができます。DHAが視神経の細胞膜にたくさん含まれていると、情報を伝える視神経の働きをスムーズにでき、網膜に映った映像を、素早く性格に脳へ伝えることができるようになります。

 

アトピー性皮膚炎・花粉症の改善に期待が持てる

EPAはアレルギー疾患の代表であるアトピー性皮膚炎や花粉症などの改善に効果が期待できます。
EPAには、様々な炎症の原因となる物質の合成に使われるシクロオキシゲナーゼなどの酵素を抑制する働きがあるため、アレルギー反応を引き起こす前にその反応を最小限に抑制させることができます。

 

脳卒中や動脈硬化など生活習慣病の予防

DHAは血液中のコレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果に期待が持てます。将来的に現代人の多くが比較的引き起こしやすい、脳卒中や動脈硬化をはじめとした生活習慣病の予防に役立ちます。

 

同様にEPAも体内でプロスタグランジンという物質に変化し、血液を固まらせにくく血液をサラサラにすることができます。

 

子供に必要なDHAやEPAの量

子供の成長にDHAやEPAは欠かせません。では、一体どのくらいの量が子供の成長に必要なのでしょうか。

 

18歳以上の場合

DHAとEPAを合わせて1日あたり1,000mg以上を摂取するようにと、厚生労働省は推奨しています。

 

18歳以下の場合

厚生労働省からは特に「量についての目安は明示されていません」。しかし、DHAやEPAは子供の成長に必要不可欠な栄養素のため、大人に推奨されている目安量を参考に、子供も摂取することが大切です。

 

DHAやEPAは摂取しすぎて良くないということはありません。むしろ、現代の日本の食卓では、魚料理離れが目立ち、多くの家庭でDHAやEPAが不足しています。なので、子供はこのおかず、大人はこのおかず…と、分けることは避け、できるだけ大人も子供も食べられる料理を作る工夫が必要です。

 

1日に必要なDHA/EPA量を摂るためには、どのくらい青魚を食べたらいいの?

●DHAやEPAは加熱すると栄養素が半減するため、効率良くたくさんのDHAやEPAを摂取するには生で食べることがおすすめです。

 

・マグロトロの刺身:4~5切れ
・ハマチの刺身:3~5切れ

 

●加熱をするとせっかくのDHAやEPAが油や煮汁などに逃げてしまうため、加熱調理をする場合はより多くの量の魚を摂取する必要があります。

 

・焼きさんま:半尾ほど
・焼きイワシ:2尾ほど

しかし、子供の中には青魚が苦手で全く食べてくれないという場合もあるはずです。また、効率的にDHAやEPAを摂取できるからと言って、刺身などの生の魚は消化不良を起こしやすいため、消化機能がまだ未発達な幼い子供には、あまりおすすめできません。

 

また、毎日上記の量の青魚を食べる習慣があれば良いですが、実際問題、毎日魚料理が続く食卓は珍しいと思います。なので、毎日の食事だけで1日に必要なDHA/EPA摂取目安量を摂ろうとするのはなかなか難しいというのが現状です。

 

そこで、積極的にDHAやEPAを摂取するためには、親子でDHA/EPAのサプリメントを飲むことをおすすめします。

 

DHAやEPAのサプリメントについて

 

・価格:3000~6000円/1ヶ月分
・販売場所:ドラッグストア・インターネットなど
・形状:飲みやすいタブレット型やカプセルなどの錠剤型など

 

サプリメントからDHAやEPAを摂取するメリット

 

  • 食事からDHAやEPAを摂取するのでは不十分な場合が多い

日々の忙しい育児や子育ての中で栄養バランスに常に気をつけながら食事を用意するということは大変なことです。大人だけの生活でもなかなか難しいのに、子供のいる忙しい生活の中で毎日の食事から十分なDHAやEPAを摂取することはなかなか難しいのが多くの家庭の現状のはずです。

 

  • 魚嫌いな子供でも、お菓子のような味のものがある

いくら栄養バランスに気をつけながら毎日料理をしていても、中には魚が苦手な子供もたくさんいます。魚のフライであれば好んで食べるけれども焼き魚はあまり好きではないという場合などもあるでしょう。しかし、サプリメントであればお菓子感覚で好き嫌いなどをすることなく積極的に摂取することができます。

 

  • 毎日確実に摂取することができる

子育てをしていると、休日には家族そろって外食に出かけたり、体調不良のときはインスタント食品で済ませる日も中にはあるはずです。そのような場合はどうしてもDHAやEPAを十分な量摂取できません。しかし、サプリメントであれば毎日確実に必要最低量は簡単に摂取できるため大変便利です。

 

 

DHAやEPAは現在多くのメーカーからたくさんの種類が販売されています。どのメーカーのものが自分の家族に合っているのか価格や内容物などをじっくりと比較をしながら、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

もちろんサプリメントだけに頼ることなく、普段の食事を見直しながら家族みんなで食べ物からも積極的にDHAやEPAを摂取することは大切です。

 

補助食品としてサプリメントを上手に活用しながら気軽にDHAやEPAを摂取して、子供の健やかな成長を見守りましょう。

 

そもそもDHAやEPAってどんな栄養素?

 

DHA…ドコサヘキサエン酸
EPA…エイコサペンタエン酸

 

<DHAやEPAとは>
・青魚の油に豊富に含まれている成分
・青魚の脂肪に多く含まれている脂肪酸の一種
・常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」の1つで、オメガ3脂肪酸(*1)に分類される
・人の体内では作り出すことができない栄養素

 

(*1)

オメガ3脂肪酸…血液中の脂質濃度を下げる働きがあるため、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状の緩和・脳の活性化・記憶力アップなどの効果が期待される

 

<DHAやEPAが含まれている食材>
まぐろ・かつお・いわし・あじ・さんまなど

DHA・EPAが足りないとどうなる?

DHA/EPAが不足している場合に起きやすい病気や症状

 

・血管を流れる血液がどろどろ状になり、血栓ができやすくなる
・視神経に悪影響
・動脈硬化や高脂血症などを引き起こしやすくなる
・高血圧、脳こうそく、心筋梗塞などになりやすくなる
・内臓脂肪が増加してメタボリックシンドロームになりやすい
・糖尿病になりやすくなる
・将来、認知症になりやすくなる
・肌荒れを起こしやすくなる
・精神的に不安定になりやすい

 

逆説的にはなりますが、「DHA/EPAが足りないとどのような症状が出るのか」をしっかり把握することで、改めてDHA/EPAの必要性を再認識しましょう。そして、子供の健やかな成長発達のためにも、出来る限り積極的に摂取できるように努めましょう。

 

DHAが不足した場合に起きる恐れのある症状

 

「神経細胞や脳が老けていってしまう」

 

DHAが不足していると、精神疾患になりやすくなったり、うつ病を引き起こしてしまう恐れがあります。また、脳機能の低下の代表例である認知症も将来的に引き起こしやすくなります。

 

また、DHAが不足しすぎると視力にも大きな悪影響を与えることが分かっています。特に、成長発達が著しい乳児期に、DHAの摂取量が極端に不足していると、視力の発達が思うようにいかなくなります。

 

EPAが不足した場合に起こる恐れのある症状

 

「血液がドロドロになってしまう」

 

EPAが不足していると、生活習慣病にかかりやすくなるだけではなく、疲労回復力の低下・老化現象の加速…と言った具合に他にも悪影響が出てきます。

 

EPAは身体中の血液や血管に作用する働きがあるため、不足すると血液がどろどろになり、様々な弊害を生みやすくなってしまうからです。EPAを摂取していることで、血液がサラサラになって、柔らかく若い血管を保つことができる…というわけです。

 

一方、DHAやEPAは過剰摂取したからといって、身体に悪影響を及ぼすことなどは特にありません。そのため、健康維持のために積極的にDHAやEPAは摂取すべき栄養素と言えます。

DHA/EPAを効率よく摂るための3つのコツ

近年、大人だけではなく子供の成長においてもDHA/EPAが必要であるということがテレビや雑誌などでよく取り上げられています。しかし、だからと言ってDHA/EPAを豊富に含むイワシやアジなどの青魚を「健康に良いんだから毎日食べなさい」というのは、なかなか現実的には難しいものです。

 

「もっとDHA/EPAを子供に摂ってもらいたいのに、どうすればいいのかわからない…」と困っている方もたくさんいるはずです。

 

そのため【効率良く子供にDHA/EPAを摂らせる為のちょっとした3つのコツ】をご紹介したいと思います。1日に必要な量を摂取するのが難しいDHA/EPAを、少しでも多く摂取させてあげることができれば、子供の健やかな成長に少なからず好影響となるはずです。

 

魚料理のレパートリーを増やす

 

刺身で魚を食べることでDHA/EPAを効率的に豊富に摂取することができます。しかし、刺身は生魚であるため、消化機能がまだ未熟な子供には上手く消化しきれない場合もあり、いつでも誰でも食べやすい方法ではないのが現状です。

 

そのため、できる限り食事からDHA/EPAを摂取するために、魚料理のレパートリーを増やすことをおすすめします。

 

「サバの竜田揚げ」や「さんまの天ぷら」などは食べやすいですが、どうしても油で揚げてしまうとDHA/EPAが油の中に溶けだしてしまいます。DHA/EPAを豊富に摂取したいという場合は、できる限り「揚げ料理」は控えることがベターです。

 

DHA/EPAを少しでも多く摂取する調理法

《焼く》 焼くだけなら魚の油が外に逃げ出しにくい
《煮る》 DHA/EPAが溶けだした煮汁ごと食べることができる

 

~おすすめの魚料理~
・あじの塩焼き
・イワシの甘辛煮
・さんまのオーブン焼き
・さばの野菜あんかけ
・さんまのムニエル

 

魚を使ったおやつを積極的に取り入れる

 

最近、魚をメインに使ったおやつがたくさん販売されています。もちろんおやつに加工されている分、DHA/EPAなどの含有量は魚料理と比べると減ってしまいますが、魚料理が苦手な子供でも、魚の栄養素を摂ることができるといったメリットがあります。

 

おやつになると、糖分も多く含まれてしまうため、食べ過ぎは厳禁です。それでもスナック菓子を食べるよりはDHA/EPAを摂取することができるので、魚料理が苦手な子供には特に試す価値がある、極めて有効な方法だと思います。

 

サプリメントを活用する

 

DHA/EPAを効率よく摂取するために最もおすすめなのが、サプリメントを上手く活用する方法です。

 

現在、多くのメーカーからDHA/EPAを含んだサプリがたくさん販売されています。年齢問わず飲めるモノが多いので、子供だけではなく、家族全員で取り組めるというのが大きな特徴です。

 

~サプリメントがおすすめの理由~

 

・毎日摂取する量が表示されているため、継続して摂取しやすい
・お菓子やタブレットのような錠剤のタイプが多く、飲みやすい
・コンパクトなボトルなどに入っていて、保管がしやすい
・DHA/EPAだけでなく他の栄養素も一緒に含まれていることが多い
・少量で1日に必要な量を摂取できるため、外食時や食欲のないときでも確実にDHA/EPAを摂取しやすい
・子供から大人まで同じサプリメントを飲むことができるため、家族で同じサプリメントを共有でき、注文などが便利なだけでなく経済的である
・1ボトルあたり大体1か月分/1人の場合が多いため、必要量に合わせて注文がしやすい

 

サプリメントと聞くと中には「本当に安全なのか?」などと不安視する方もいるはずです。しかし、多くのメーカーが原料、製造、出荷過程…全てにおいてきっちりと徹底的にこだわり、安全なモノのみを販売しています。

 

そのため、DHA/EPAサプリメントは、「少しでも効率的に上手くDHA/EPAを摂取したい」と考えている方には「もってこいの方法」と言えます。

 

現在、インターネット上には様々なメーカーからDHA/EPAのサプリメントが販売されています。各メーカーによってこだわっているポイントが少しずつ異なるため、商品ごとに比較・確認しながら、自分の目的とするサプリがどれなのかを選ぶようにしましょう。

子供の成長とDHA・EPAの関係

子供,成長,DHA,EPA,効果.厳選.おすすめサプリ

当サイトでは管理人の「中学時代…いくら筋トレをしても筋肉がつかなかった」つらい思い出を発端に、現在3人の息子(高1、中2、小2)のうち、上の2人が同じように線の細い、いわばガリガリの体型なので「なんとかできないものか」という思いで立ち上げました。

 

せっかく部活に入り、スポーツに興味を示しだしたのに、この時期は技術的なうまさより、体格だけで勝敗が決まってしまうことがよくあります。

 

朝早くから夜遅くまで…休みの日もほとんど部活…という頑張っている姿を見ていると、親としては当然プロセスも大事なんだけど「いい結果を残して欲しい」という願いもあります。

 

一番怖いのは子供ながらに

  • 努力しても報われない
  • 何をやってもダメなんだ

というような”自分に自信をなくしてしまうこと”です。親としてしてあげられること、サポートしてあげられることは色々ありますが、食事の管理・栄養の管理は子供ではなかなか難しい所です。

 

子供,成長,DHA,EPA,効果.厳選.おすすめサプリ

私自身、小学校1年生の時に母親を病気で亡くし、食事…とくに栄養の管理という面で「他の家はお母さんが色々考えてくれてるんだろうな~」と卑屈めいたことを考えるだけで、実際私がやったことは

  • 毎日、牛乳を飲む
  • 毎日、煮干しをかじる

という、ただカルシウムを摂ることしか思いつきませんでした。当然、それだけでは筋肉はつきませんし、なんなら身長すら伸びませんでした。

 

いかに栄養が大事か。

 

子供,成長,DHA,EPA,効果.厳選.おすすめサプリ

毎日献立を考えるにあたり、栄養士の資格でもあれば別ですが、世の中の一般的なお母さんにとってはとてもむずかしい問題だと思います。しかも栄養バランスを考えた食事を作ったとしても、子供がそれをすべて食べてくれるとは限りません。好き嫌いがありますし、食べる量も違います。

 

実際、管理人の高1の長男は、魚嫌いでほとんど魚は食べません。肉は好きで食べますが、そんなに沢山は食べません。その代わりご飯が大好きで丼3杯とか食べますが、全然筋肉がつきません。中2の次男は魚も肉も好きで食べますが、全然量を食べれません。ご飯も茶碗一杯でいつも終わり。こっちの子はもっとガリガリです。

 

このように、いくら料理に腕と知識を奮っても、必ず結果に結びつくとは限りません。

 

そんな時に役に立つのが”DHA・EPAがたくさん入っているサプリ(飲み物)”だと思います。おやつ感覚で美味しく食べられるものが多数出てきていますので、子供たちの日常生活に溶け込みやすくなっていると思います。

 

当サイトでは、人気のあるDHA・EPA配合サプリを厳選して3つだけご紹介しております。同じような悩みを抱えている方のお役に立てれば幸いです。

 

ガリガリの子でも希望が持てる動画

 

リアルに530人の不安・悩みから生まれた”おやつ代わり”になる子育てサプリ


このサプリは今、お母さん方にとても人気があるサプリメントです。確かに、親子100組のサプリは口コミも高評価が多く、子供の口にも合うようですし、子供の成長全般的に効き目があるのでおすすめできます。

しかし、DHA配合量が不透明です。

実はこの商品、管理人も買おうと思ったのですがDHA配合量の記載が見当たりません。色々とネットで調べましたがどこにも明記されているホームページはありませんでした。

よくわからないまま買うのは嫌だったので電話で問い合わせしました。しかし明確な答えは得られませんでした。「原材料に含まれているだけなのでDHA量は本当に微量としかお答えすることは出来ません」という回答でした。

要するに「DHA配合量を明記すると売上的にマイナス要因となるから書いていない」という風に判断しました。実際に私が販売側の人間だったら「わざわざ売れる可能性を下げるようなことは書きたくない」と思うからです。なのでこれはDHAは含まれているけど…本当に少ないのだと思われます。

DHA・EPA”配合量”重視の方

DHA/EPAの配合量が一番大事だとお考えの方は、2018年7月現在、DHA配合量No.1サプリは佐藤製薬の”美健知箋”です。

(DHA配合量550mg/EPA配合量200mg/1包で750mgのオメガ3が摂れます)

美健知箋は初回定期申し込み限定で1,000円(初月解約OK)なので、気軽に試すことができるのでおすすめです。

トップへ戻る